ホテイアオイが池に増えたら生け花にして楽しもう 玄関の色どりに

更新日:

メダカ池のホテイアオイが、どんどん増えて、今ではメダカ池に入りきれないくらいになってしまいました。

そこでホテイアオイだけを水鉢に入れて、飾ることにしたら、グリーンが楽しめる、夏のすてきな生け花になりました。

簡単なので、ホテイアオイが増え過ぎて困っている方におすすめです。

スポンサーリンク




手作り池でメダカ飼育

庭に穴を掘って防水シートを敷いた池と、石の手水鉢でメダカとミナミヌマエビを飼育しています。

初めての方は、最初の記事からお読みください。

メダカのビオトープ池の作り方!池用防水シートを敷けば自作できる

メダカの自作池の様子

         

メダカの池は今はどうなっているかというと、こちらが最初の池です。

グリーンがいっぱいであふれんばかり、というか、実際に、右側にウォーターマッシュルームがはみ出しています。

これは、水の中でも、土の上でも育つので、まあ大丈夫なんですが、問題はホテイアオイです。

ホテイアオイは昼間は日よけになっていいのですが、あまり多いと、夜は二酸化炭素を放出するので、生き物がいる場合は良くないらしいのです。

池から間引いたホテイアオイ

 

そこでとうとうホテイアオイを間引くことにして、バケツに移してしばらくおいておいたら、こんな風に、バケツもいっぱいになってしまいました。

一体どれだけホテイアオイを買ったんだと言われそうですが、買ったのはたった一つなんですよ。

それがこんなに増えちゃった。

どうしよう、せっかく育ったのに、捨てるのももったいないなあ・・・

そこで、これはこれで生け花で楽しむことにしました。

 

ダイソーのサラダボウルにホテイアオイを生ける

そこで作ったのがこちら。

何のことはありません。ダイソーのサラダボウルに、ホテイアオイと水を入れただけ。

黄色とピンクのものは、浮き玉というものです。池の飾りにする、市販のものです。

今までは池に入れていましたがこちらに。

これを玄関の、プランター用スタンドに板を置いた上に置いて、玄関の飾りにすることにしました。

隣にある植木鉢は、傘立てとして使用しているものです。

他にはペットボトルで作った、ホテイアオイの一輪挿し。

1リットルのペットボトルの下半分を切り取って、そこにホテイアオイを入れたもの。

そこにきれいな色の砂やビー玉を入れてもいいですよ。

水は毎日取り換えて、その他、時々ハイポネックスという液体肥料をあげます。

ただし、ホテイアオイは、日差しの強いところでないと育たないので、家に入れっぱなしだと、ちょっと弱ります。

なので、時々外にあるのと入れ替えるのがベストです。

ホテイアオイには花が咲くそうなので、花が咲いてくれることを期待します。

新しいメダカビオトープ池の様子

あとから作った池の様子がこちら。

最初に作ったのは枯山水の池、その後に作ったのが、避暑用の東側の池です。

なぜかというと、とにかく暑さ対策のためです。

水が熱くなってメダカが死んでしまってはたいへんです。

 

現在の池様子、といっても、ホテイアオイで見えないので、ちょっと取り除いて中を見てみると、こんな感じです。

水は毎日足し水。あとは時々半分くらいずつ入れ替えています。

こちらにいるのは、卵からかえったメダカの稚魚ととミナミヌマエビ、それとスネール類。

おそらくサカマキガイの種類だと思いますが、ヒメタニシなどスネールがいるおかげで、側面に全く藻が発生しないで済んでいます。

貝類が全部藻を食べてくれるんですね。なので、エアレーションやろ過装置なしでも、ビオトープ化できています。

水もごくごくきれいに保たれています。

この池は、プラスチックのメダカ鉢を、土に埋めただけなんですよ。

別にメダカ鉢でなくても、池になりそうな大きさの空容器なら、何でもできます。

こちらの池の作り方は下の記事に

最初の池もきれいなのですが、何しろ、家の南側にあって、暑すぎると心配なので、東側の午後は日陰になるところに、土を掘って作りました。

防水シートよりも、簡単にできるのでおすすめです。周りに石や木を置くだけで、池の風情になりますね。

これからはメダカの池の暑さ対策が何より大切になります。

それではまた まるのアクアリウムの”メダカまる”、見に来てくださいね。

メダカとミナミヌマエビの飼育インデックスはこちらから ↓

メダカまるトップ







-
-

Copyright© メダカまる , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.