メインのメダカ池を池じまい 1年目は池用シートがおすすめの理由

投稿日:

メダカのビオトープ池を池じまいにすることにしました。

メダカたちは先に引っ越し、残ったエビたちはどうなったかな。

手作り池のビフォーアフターを見てみてください。

スポンサーリンク




メダカのビオトープ池を手作り!

メダカの手作りビオトープ池、最初に作成した時の様子が上のものです。

初めての方は最初の記事から読んでみてくださいね。

メダカのビオトープ池の作り方!池用防水シートを敷けば自作できる

メインの池を池じまい

先に、メダカ池の2つ目に作った方を池じまいした様子をお知らせしました。

2つ目の池はこちら

この池は、プラスチックのメダカ鉢を土に埋めたもので、数時間でできます。

すごく簡単なのでおすすめですよ。

メダカ池の手作り第2弾 メダカ鉢など容器を土に埋めるだけ!

それで、今回は、上の小さい池に続いて、最初に作ったメインの池の方の池じまいすることにしました。

すごくよくできたので、本当はそのまま残したかったんですが、メダカではなくて、当ブログの筆者「メダカまる」の私まるが引っ越しを予定しているんですね。

なので、とりあえず、池は元通りに戻そうということになったのです。

ちなみに、この池にいたメダカ、卵から育てた3匹ですが、それは先に屋内水槽に移してあります。

毎年ブルー系だったのですが、今年のレイアウトは赤の混じったこちら。

容器はダイソーのコレクションボックスです。

これと似た形のもので、ガラス製の水槽は、アマゾンなら下の水槽があります。

 

メダカ池の解体作業

それではいよいよメダカ池の解体作業です。

一部の植物が紅葉しています。秋だなあ…

池用シートをはずします

回りの流木風のレイアウトを全部片づけて、植物を取り除いて、池用シートを持ち上げたところ。

えっ、これが池?

そうです、これだけなんですね。

ビニールシートの池を上から見たところ。

水と石がまだ入っています。

池のミナミヌマエビを移したところ

この中にはミナミヌマエビがまだたくさんいるのですが、それは、とりあえずメダカ鉢に移しました。

水が冷たくなったから減ったかなと思ったら、多少は減りましたが、稚エビもたくさんいます。

池用シートを取り除いた跡

ビニールシートを取り除いた後がこちら。

本当にこれだけなんですね。

池のあったところ全景。

あとは、最初にここにあった土と砂利で埋め戻して、元の枯山水の状態に戻せばOKです。

ビオトープのレイアウト!メダカ屋外水槽をトロ舟やキングタライに

他にキングタライのビオトープも作りましたが、キングタライは要らなくなった時に、かなり大きいので処分に困りますね。

ビニールシートの池の場合は、シートを丸めて捨てればいいだけなので、その点は簡単です。

お試し池は池用シートがおすすめ

メダカやミナミヌマエビの飼育にはコツがあるので、池づくりをしたいという場合は、最初はビニールシートの池を作ることがおすすめです。

理由は撤去するときに簡単だからですね。

最初の1年を簡易池で育ててみて、レイアウトの勉強もします。

池を作っても場所が飼育に適さない場合もありますね。その場合は池を移す場合も簡易池なら簡単です。

それで、気に入ったな、長く続けたいなと思ったら、次からは、固定した池を作るといいですよ。

池のビオトープ化

ちなみに、これらの池は、噴水やエアー、排水設備はついていませんが、スネール貝類と水草や植物を入れれば、問題なくビオトープ化します。

貝が増えるまでの間は、藻が発生しましたが、その後は大して水替えをせずとも足し水だけで飼育可能です。

メダカ池はエアレーションなしでビオトープ化可能!

池がなくなっちゃったのはちょっと寂しいですが、これから冬の間は屋内のメダカ飼育を引き続き頑張ります。

メーたん、いつも一緒だよ!

メダカの記事トップページに戻る⇒
メダカとミナミヌマエビ飼育の記事インデックス







-
-

Copyright© メダカまる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.