メダカ

屋外水槽のメダカを屋内で冬眠させることに 引越しで水槽が3つに!

更新日:

メダカを室内で冬眠をさせるべく、屋外のメダカ鉢を室内に引っ越すことにしました!

大小合わせて水槽が3つになってしまいましたが、とってもかわいいです。

今日は引っ越しした水槽のレイアウトと合わせて、冬のメダカの様子をお知らせしますね!

スポンサーリンク




 

円筒形のガラス瓶

[ad]

帰省した息子(最初のメダカ鉢のオーナー)にも聞かれたのですが、これはいったい何の瓶だったのでしょうね?

実家の台所にあった瓶で、「梅干を容れなさい」とおばあちゃんがくれたのです。梅干しでなくて、メダカが入っていると知ったら、びっくりされると思います!

今は、この中にメダカが4匹、ミナミヌマエビが3匹入っています。
冬が終わるまでは、ここで過ごしてもらう予定です。

 ボクたち梅干しじゃないよー

   

 

 春までがまんしてねー

    

この水槽だと重くて、水がジャーッと開けられないので、水替えポンプで水替えをするようになりました。

水槽が浅いと使えませんが、とても便利になりましたよ。

**

メダカもエビも水温が低いときは動かない

エビもミナミヌマエビも、屋内に入れても、それでも水温が低いときには動きません。

また、水が冷たいときには、凍結を避けるために、底の方ぎりぎりに来てじっとしていることが多いです。

水面から凍るということを知っているので、おそらく本能的な行動なのでしょうね。

冬眠中のメダカは尻尾やヒレもほとんど動かしません。

 

こちらも、”冬眠中”のミナミヌマエビ。

水草に、隠れてじっとしています。

この時は、餌もあまりあげない方がいいですね。

どうしても食べる量が少ないので、水が汚れるだけになってしまいます。

 

暖かい日には日光浴を

  

水槽が三つになってしまい、これまでのテーブルが手狭になったので、日光浴の時にはこちらにのせることに。

スツールにのせています。昼間の暖かい時は、ここで日光浴をしてね。

こちらの水槽は、ダイソーのコレクションボックス、この中には、メダカが4匹、ミナミヌマエビが2匹います。

 

 元々室内で育てていたものなので、大きさは小さめですね。それでも前よりも、成魚らしく、体が整ってきました。

こちらはこちらで、小さくてすごく可愛いです。

ミナミヌマエビ稚エビの水槽

もう一つの水槽は、ミナミヌマエビの稚エビの水槽です。
まだ小さいので、こちらはパイレックスのボウルです。

 

10匹以上はいますね。すごく元気に育っています。

ただ、小さくてもミナミヌマエビは、フンの掃除が大変ですが。

 

メダカもミナミヌマエビも、まだ寒さでやられた様子はないので、このまま大丈夫そうです。

メダカよりミナミヌマエビの方が弱い印象があったのですが、そうでもなくて一安心。

以上、この3つの水槽で、春までGo! 頑張って冬越しの予定です!

皆様のメダカも気をつけて、無事に冬越されますように。

メダカの記事トップページに戻る⇒
メダカの飼育の記事インデックス







-メダカ
-

Copyright© メダカまる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.