メダカ

メダカの寿命はどのくらい?飼育メダカは2,3年 屋内の方が長い

更新日:

スポンサーリンク





メダカの寿命はどのくらいでしょうか。

飼い始めるといつまでも一緒に生きていてほしいものですが、小さな動物であるメダカの生存は、そんなに長くはありません。

また、屋内と屋外にも差が出るといわれています。

メダカの寿命についてお知らせします。

メダカの寿命はどのくらい

メダカの寿命について考えたことがありますか。

できればいつまでも生きていてもらいたいですが、小さな動物の命が短いのは自然のことですね。

自然のメダカは1年くらい

メダカ、と一口に言っても、飼育されているメダカの他にも、自然の小川や田んぼの中にもメダカは居ますね。

自然の中のメダカの寿命は、飼われているメダカよりも短くて、1年位と言われています。

なぜかというと、餌が思うように採れないこと、それと外の小川や田んぼは他の生物もいて、メダカを食べる天敵もいるからですね。

飼育されているメダカは2~3年

それでは、家の中で飼われているメダカについてはどうでしょうか。

飼われているメダカは、環境によって違いはありますが、平均すると、2年から長くて3年位だそうです。

うちのメダカは3年目

うちのメダカを飼い始めたのは、ちょうどこのブログを始めた頃です。

なので、ちょうど2年がたって、今は3年目の飼育になります。

一番最初に飼ったメダカは、9匹のうちこの1匹しか残っていませんが、今ではとても大きくなりました。

ちなみに、うちのメダカはごく一般的な”ヒメダカ”という種類です。

黄色のきれいなメダカです。

病気よりも夏越し・冬越し

3年間メダカを飼っていて、今までに病気になったのは、「白カビ病」という病気くらいです。

あとは、特に病気になったということではないのですが、やはり冬の寒い時の冬越、それから、夏の暑い時の夏越しの両方がメダカにとっては大変そうで、大体死んでしまうのはその頃のようです。

メダカの寿命の屋外との差は

それでは、メダカの寿命は、屋内と屋外では差があるのでしょうか。

屋外の方が、寒かったり暑かったりして気温の変化が大きいため、屋内と外では、屋内のメダカの方が長生きだそうです。

もっとも今、私が、3年目になったといううちのメダカは、一冬、冬越の時に家に入れた以外は、屋外で飼育しているものです。

ただし、体が大きく育つのは屋外のメダカの方です。

はっきりわかりませんが、おそらく、大きな水槽で飼っていること、それから日に当たるために、骨などが丈夫になるのではないかと推測しています。

3年目のメダカの飼育環境

ちなみに、うちの3年目のメダカの飼育環境は

屋外のメダカ鉢→屋内のガラス水槽→キングたらいのビオトープ→池

というものです。

あちこち移動してもこのメダカは大丈夫でしたが、中に移動した環境の変化で死んでしまったメダカもいた気がします。

移動そのものが悪いというより、弱っていたところに移動がきっかけになったのかもしれません。

メダカの寿命の3年は短い?

メダカの寿命の3年は短いと思われますか?

メダカの寿命が、3年というのが短いかどうかは、その人の感じ方によって違います。

私は、犬も猫も買ったことがありますが、猫の寿命は14年位というのに対して、メダカの寿命が3年として比べた場合は、すごく長いものだなと思います。

もちろん、人の寿命と比べると、3年は短く思えるかもしれませんが、言ってみればメダカの3年は、人の100年ということです。

可愛がって育ててあげれば十分です。あまり神経質にならずに、楽しく飼ってあげたいものです。

メダカの飼育記事一覧
メダカの飼育の記事インデックス 産卵と稚魚の育て方







-メダカ
-

Copyright© メダカまる , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.