アクアリウム

トロ舟ビオトープ メダカ飼育に適したサイズと価格

更新日:

メダカのトロ舟ビオトープを作りました。トロ舟は建築現場などで使われる、プラスチックの箱のことです

メダカ水槽として適したトロ舟の大きさと価格、レイアウトについてご紹介します。

スポンサーリンク





メダカのトロ舟ビオトープに挑戦!

[toc」

「メダカまる」の船長=飼い主である、私まるは、新しい家に引っ越し、それに伴って、メダカもミナミヌマエビも新しい水槽にお引越ししました!

民族大移動みたいだね

わーい、新しいおうちだ!

最初に用意したのは、上の、丸型水槽。

足がついていて、メダカが観察しやすくなっています。

もう一つ、前からやって見たかったのがトロ舟のビオトープです。

去年は、キングタライで作っていたんですよ。

ビオトープのレイアウト!メダカ屋外水槽をキングタライに

 

池も作っていたのですが、今度の家は庭に土の部分がなく、ほとんどがコンクリートなので、トロ舟を使った水槽を作ることにしました。

トロ舟のメダカビオトープ

ビオトープにトロ舟って、以前から大人気なんですよ。

ビオトープというのは、水替えをしなくていい水槽のことです。

もっとうまくいくと、餌もあげなくていい環境を生物たちが作り出す、そんな自然に近い、理想の水槽を言います。

トロ舟とは?

そもそも、トロ舟とは何かというと、プラスチックの薄型の箱のことです。

これは、建築に使われるときの容器で、水を入れてコンクリートをこの中で作ったりするものなのだそうです。

他には、工具を入れたりする容器としても使われているようですね。

これが、いつからか、メダカ飼育に最適!ということになって、ホームセンターでもディスプレイされたり、SNSでも画像が投稿されるようになりました。

コンクリートを混ぜる容器のはずが、知る人ぞ知る、メダカの飼育容器に様変わりしたんですね。

トロ舟の価格は千円以下

トロ舟の価格は、私が買ったものは、ホームセンターで千円以下でした。

ネットでは、942円で出ています。安いですね。

トロ舟の色は緑または黒

私は、黒が欲しかったのですが、ホームセンターには、このサイズのは、緑しか置かれていなかったので、やむなく緑を買いました。

もっとも、あとでレイアウトしてみると、緑色もきれいで案外よかったと思います。

きりっとシャープにしたい場合は、もちろん黒もおすすめですよ。

amazonと楽天なら、20リットルのトロ舟の黒は、以下の商品がありますね。

charm(チャーム)で販売しています。

トロ舟の大きさ

メダカを飼うのに、適正なトロ舟の大きさはどのくらいかというと、ホームセンターでディスプレイされているのは、40Lというものでした。

ただし、これだと、相当大きいので、水を入れてしまうと動かせないくらい重くなると思います。

なので、私は、その半分の20Lというのを探していました。

これだと、たぶんコンクリートを混ぜるのには、ちょっと小さいのだと思います。

20Lの大きさは、

‎53 x 34 x 16 cm

つまり、深さが16センチです。

根を張る植物を入れたい時にはもっと深いものが必要ですが、メダカ飼育が目的の場合、メダカを見るのには、ちょうどいい大きさだと思います。

続きは、トロ舟ビオトープのレイアウトについてお知らせしていきますね。

一番人気のトロ舟

amazonでベストセラーのトロ舟は、「赤長40l」です。







-アクアリウム
-

Copyright© メダカまる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.