メダカ

メダカを小さな水槽に引っ越しして冬越準備

メダカの冬越の準備はできましたか。

当家は、室内のメダカの水槽を小さな水槽に引っ越し、冬越の準備をしました。

引っ越しの理由は小さい方が管理が楽だからです。現在のメダカの様子をご覧ください。

スポンサーリンク




メダカを冬は小さな水槽に

 

これまでも毎年メダカは、屋外水槽から室内に引っ越しをした上で、冬越をしています。

もっとも、冬越とはいっても、室内にいる場合は、動きが多少緩やかにはなりますが、ずっと冬眠しているというほどではありません。

なので、メダカが餌を食べていることは間違いないので、水が汚れてしまうんですね。

しかし、真冬なので、頻繁な水替えは、水が冷たくて飼い主も大変ですし、何よりメダカに負担がかかってしまいます。

なので、冬はできるだけ小さな水槽で飼育・管理をすることにしています。

ダイソーの水槽から引っ越し

今まではダイソーのコレクションボックスで、飼育していました。

これはこれで大好きな水槽なんですが、今は、メダカが2匹しかいません。

 

数が少ない場合は、水槽が小さくてもだいじょうぶ。

特に冬のメダカは、動きがゆっくりなので、広い水槽でないと窮屈そうだということは全然ありません。

なので、このあとは、温かくなるまでこちらの水槽で飼おうと思います。

ホテイ草の管理

 ホテイ草は枯らしてしまっても、また来年新しい草を買えばいいのですが、

株分けしたものがたくさん残っているので、取り分けて家に飾ることにしました。

こちらには生きものは入っていませんが、ビー玉とホテイ層だけで十分きれいです。

水草だけのアクアリウムも

あとはこちら。これもメダカは入っていませんで、水草だけを育てています。

今は水草だけのアクアリウムも流行りなので、メダカが居なくてもこれだけでも十分楽しめますので、お楽しみくださいね。

容器は、だいそーのサラダボウルです。






-メダカ
-